スポンサーリンク
村田諒太、ロブ・ブラントから防衛ならず・・・

村田諒太、ロブ・ブラントから防衛ならず・・・

村田諒太ラスベガスで3:0の判定負け

日本時間21日(米時間20日)に行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチでチャンピオン村田諒太選手がロブ・ブラント選手に敗れて防衛なりませんでした。

判定結果としては110-118、109-119×2と完敗といえる内容で見てて悔しかったです。。。

ロブ・ブラント選手の当て感の良さとスピード、何より手数の多さがやっぱ良かったですし村田選手序盤は防戦一方といった感でした。

3回以降巻き返しも感じたのですが。。。

敗戦後のダメージ残る顔の腫れが痛々しく見てて辛い・・・。

悔しいですね。引退もささやかれてますがまだ村田涼太のファイトみたいな~。竹原慎二氏以来の日本人2人目のミドル級世界王者ですからね。今回はほんとにお疲れ様でした。。。ゆっくり休んでまた復活してほしいな。。。

スポンサーリンク

Ryota Murata vs Rob Brant

1回はロブブラントのスピードと的確な打撃に翻弄されている感です。2回の村田選手の笑みが何か巻き返しを彷彿としている予感を思ったんですが。。。

実際中盤良かったんですけどね。

やはりラスベガスの審判はアグレッシブさやクリーンヒットを重視するんでしょう。

110-118、109-119が2人という大差で敗れてしまいました。

戦績としては16戦14勝(11KO)で2敗目を喫しました。

スポンサーリンク

村田選手引退なの・・・?

村田選手のインタビューでは進退はまだ決定していないようです。実際まだ大勝負終わったばかりですからね。

ラスベガスの大舞台、自身のファイトスタイルでの完敗は精神的にもダメージ大きいでしょう。ゲンナジー・ゴロフキンとの防衛戦も計画されてましたし。

ミドル級世界チャンピオンとして夢みさせてもらいました。観る側の勝手な希望ですができればまだ・・・村田氏のファイトと活躍が観たい・・・!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする